弊社オリジナル工法

【耐振動気密工法 エアタイトKⅡ】

コストパフォーマンスに優れたストロング気密工法はこの程、特許を取得しております。
経年劣化に対応する耐振動気密構造を日本で初めての特許となっております。

☆POINT☆  高断熱・高気密住宅に欠かせない気密材は、通常気密シート(ビニール材)を使用しています。

では気密シートと弊社オリジナル気密工法では何が違うの?
 ↓
気密シート釘を打つと穴があくのは当然ですが、地震などの揺れ又は経年劣化により、穴がどんどん広がってしまいます。
冷気などが入りやすくなり、寒さの原因となってしまいます。

弊社オリジナル気密工法気密材として板材(構造用合板)を使用。
更にその気密材にゴム状の粘着力を付加することにより、釘を打った穴や揺れに対して戻すことが出来るため、穴の広がりを防ぎます。
また構造体に更に粘着力のある板材(構造用合板)を貼ることにより、気密材として使用している板材(構造用合板)が耐力壁の更なる補助としての雑壁耐力の付加機能が生まれ、地震に強い省エネ住宅となることが出来たのです。

 

詳しい資料はこちらを御覧下さい。