• ウレタンパワーその1 
    発砲ウレタンの優れた防水性能
    毎日の暮らしを快適に、そして安全で経済的に送りたい。
    私たちが求める住まいには、いくつか条件があります。
    地域の気候や風土によって家づくりの考え方は多少異なりますが、高温多湿のうえに雨や雪そして台風の多い我が国では、強い雨風にさらされても
    構造や性能に影響のない水に強い家であることが最低限度必要な条件だと考えます。
    軽く水に強いという特徴を生かし、ウレタンはヨット・サーフボードなどにも仕様されています。
  • ウレタンパワーその2
     高い断熱性能・保温性能を発揮
    日本の伝統的な住まいは季節や天候に応じて建具を開け閉めする、いわば開放的な間取りでした。
    でもそれでは外からの影響を受けやすく、多くの人が快適とは程遠い暮らしをしていたのです。
    真夏の暑さや真冬の寒さを室内に伝えることなく、また「室内の涼しい空気や暖かい空気を外に逃がさない
    そんな断熱や保温性も住まいに求められる大切な条件なのです。
  • ウレタンパワーその3
     気密性が高く静かな暮らしで快適
    新しい住まいを考えるうえで、周辺環境は重要なPOINTとなります。
    でも意外に見逃されがちなのが、騒音の問題です。
    便利な場所であればあるほど、周囲の音が気になったりするものです。
    けれど家そのものに高い気密性が備わっていれば夜もぐっすりと眠れて静かな暮らしを送ることが出来ます。
    家族の穏やかな毎日のためには、住宅の気密性も重要と考えます。
  • ウレタンパワーその4
     高耐久で地震にも強い
    新築当時と変わらずにいつまでも安心して暮らせる住まい。
    家族の夢を形にする家にはそんな願いが込められています。
    穏やかな日々はもちろんのこと、予期せぬ地震や台風などの厳しい環境のもとでも、家族の暮らしをしっかりと支え、共に歴史を刻み続ける家。
    次の世代に受け継ぐことの出来る
    かけがえのない財産であるためには、100年後も変わらぬ品質と性能を
    保ち続けることができる家であることが大切です。
    衝突吸収の高いウレタンは、自転車・航空機などのシート、オートバイなどのヘルメットにも使われます。
    FPの家で使用すているウレタン断熱パネルは、生産工場で注入発砲され大きな圧力をかけて製品化されます。
    圧力をかけることで密度の高い硬質ウレタンとなり、更にウレタンの樹脂成分が木枠に密着し、パネルと木材が一体となって強さが高まるのです。
  • ウレタンパワーその5
     結露とは無縁な毎日!
    断熱・気密・計画換気で結露知らず
    住む人の健康と住宅の寿命に大きな影響を与えるのが結露です。
    結露には室内外の温度差によってできる表面結露家の中に水蒸気が侵入して出来る内部結露(壁体内結露)があります。
    特に問題になるのは、目に見えない内部結露のほうです。
    上記でも記載したように高温多湿な我が国において健康な暮らしを送るためには、住まいの結露対策も重要なPOINTになります。
    FPの家は無結露50年保障。ウレタン断熱パネルは硬質ウレタンフォームとその網の目に包まれた気泡の集合体です。
    水に強く湿度にも強い為、壁体内結露の心配がありません。
    結露が原因で発生するカビやダニは喘息やアトピー性皮膚炎の原因と考えられる為、健康で快適な住宅空間を作り上げる為には結露をシャットアウトしましょう。
  • ウレタンパワーその6 
    高性能だから快適で経済的
    毎日の暮らしのなかで出来る省エネと言えば、電気や水道の節約などが挙げられます。
    それはとても大切なことですが、冷房費や暖房費が掛かるからといって我慢をする省エネでは本当の快適な暮らしとは言えません。
    家そのものに高い性能が備わっていれば、我慢をする必要はないのです。
    電気料金や灯油台がグッと下がったと多くのお声が寄せられるのは高性能の証です。
    魔法瓶のような家、それがFPの家です。